法定通貨
マーケット
取引
先物
ファイナンス
特別企画
さらに
新規登録ゾーン
ログイン

CoinEx アカデミー|dYdX、GMX、ZKX:分散型デリバティブ・プラットフォームの比較

2022-11-04 00:00:00

I. dYdX:分散型デリバティブ取引におけるNo.1プレイヤー

1. プロジェクト概要

現時点では、dYdXは分散型デリバティブのカテゴリーにおける絶対的なリーダーです。2017年に設立されたこの取引所は、無期限先物、レンディング、最大25倍のレバレッジを提供しています。Ethereum上に構築されたdYdXは、レイヤー2ソリューションを使用し、ユーザーが低いガス料金で効率的に暗号資産を取引できるようにします。

 2. チーム

dYdXは、強力な専門知識、きちんとした学歴、経験豊富な開発者を擁するエリートチームによって率いられています。

dYdXの創設者であるAntonio Julianoは、元Coinbaseのエンジニアです。2015年にプリンストン大学でコンピュータサイエンスの理学士号を取得した彼は、Coinbaseでソフトウェアエンジニアとして働き始めました。その1年後Uberに入社し、ソフトウェアエンジニアとして働き続けました。2017年には分散型ネットワークの検索コンポーネントであるWeipointを作成し2017年8月、dYdXを設立しました。履歴書から彼は確かな技術力を持つ技術専門家であることが分かります。その他の中心メンバーは以下の通りです。

- Brendan Chou(ソフトウェアエンジニア兼デザイナー)2018年初頭にdYdXに入社。Antonioとはプリンストン大学の学友です。2015年彼はプリンストン大学をコンピュータサイエンスの理学士号を取得して卒業しました。元Googleのエンジニアです。

- Achal Srinivasan(プロダクトデザイナー)2020年入社。2020年にライス大学をコンピュータサイエンスの学位で卒業。以前はCoinbaseに勤務していました。

- Vijay Chetty(事業開発ディレクター)はプリンストン大学を経済学の学位で卒業し、2020年にdYdXに入社しました。Blackstone Investmentでアナリスト、投資コンサルタントとして勤務しその後、事業開発/企業連携に注力しています。

 3. 資金調達について


公開情報によると、dYdXは少なくとも4回の資金調達を行っています。 

 dYdXは、Paradigm、Polychain Capital、Andreessen Horowitz(a16z)など業界大手の機関投資家や、個人投資家のトップであるCoinbase CEOのBrian Armstrongから投資を受けています。特にa16zとPolychain Capitalは最初の3回の資金調達ラウンドに参加しており、これらのトップ投資家がプロジェクトのチームと将来の展望に大きな自信を持っていることを示しています。公開情報によると、WintermuteやQCP Capitalなどの流動性プロバイダーも、dYdXがより広範なパートナーシップを構築するために資金を提供しているとのことです。

4. 技術面

dYdXは当初、レイヤー2ソリューションとしてStarkWareを採用していました。Chainlink社のオラクルネットワークから供給される価格を、ファンディングレートや強制清算価格の算出などの業務に利用しています。dYdXが提供する商品は、信用取引、現物取引、レンディングなどです。しかし、現在dYdXはStareWareのエコシステムから離れ、独自に新しいパブリックチェーンを構築しています。

5.StareWareを離れたdYdXは、今後新たな成功を収めることができるのでしょうか?

dYdXチェーンはCosmos SDKとTendermint Proof-of-Stake consensus protocolを使用して構築されるため、アプリケーション固有のブロックチェーンの相互接続システムであるCosmosエコシステムに開かれたチェーンとなります。今回のバージョンアップで、dYdXは4回目のイテレーション(V4)となります。dYdX V4では各バリデータが、コンセンサスにコミットされることのない(つまりオフチェーン)インメモリー注文を実行する予定で、V4計画は2022年後半に完了することになっています。

dYdXが独立したネットワークになると、dYdXのトークノミクスが変わるかもしれません。

より具体的に言うと

1)dYdXがパブリックチェーンのトークン(コイン)となり、チェーン上の取引でdYdXが消費される可能性があります。

2)ステーキング:他のPoSチェーンと同様に、dYdXチェーンのノードも大量のdYdXをロックアップする必要があります。

3) dYdXチェーンはdYdXをプロトコル収益と関連付けられるでしょう。

今現在、dYdXの価格は約1.6ドルで、時価総額は約16億ドルとなっています。さらに、機関投資家が購入したdYdXの平均単価は約0.3ドルです。まだまだ価格上昇の余地は大きいと考えています(財務アドバイスではありません)。

II. GMX

1. プロジェクトの概要

GMXはArbitrum上で最大の分散型デリバティブ取引プラットフォームです。スポットと無期限の両方の契約をサポートするDEXプラットフォームで、現在デリバティブ取引に主な事業を集中しています。以前はBSCオンチェーンプロジェクトのGambitとして知られていましたがArbitrumに移行され、Avalanche (AVAX)チェーンをサポートしています。dYdXとは異なり、GMXはオーダーブックやAMMモデルを使用しません。その代わり、GLP流動性モデルを採用しています。「GLP流動性モデル」とは、ユーザーがGMXに流動性を提供する際、ETH/USDTのように2つのトークンを1対1の割合で提供するのではなく、GMXプロトコルが発行する流動性トークンGLPを直接購入しステークし、GLPをステークすることでGMXマーケットメークに参加するというものです。

2. チーム

GMXの創設者はTwitterでX(https://twitter.com/xdev_10 )という名前で活動しています。6,000人以上のTwitterフォロワーを持つXは連続起業家で、XVIX、Leveraged Token、Gambitを創始しています。創設者についての他の情報は不明のままです。GMXチームはdYdXのチームには敵いません。

3. 技術面

GMXはSNXと同じグローバルデットフレームワークを採用していますが、そのカウンターパートであるGLPは、SNXのように無価値コインを担保として使用しません。その代わり、公正な資産を異なる比率で形成したインデックス資産(=GLP)を担保として使用します。GLP保有者はレバレッジ取引に流動性を提供するため、レバレッジトレーダーが損失を出すと利益を出し、その逆もまた然りとなっています。一方、GLP(インデックス流動性トークン)は、ガバナンストークンであるGMXから分離されています。

4. 資金調達について

公開情報によると、Gambitは2022年6月に150万ドルの資金調達ラウンドを完了し、SuperLayer Labsを含む機関投資家が関与しています。その資金調達状況から、GMXは投資家背景の面でdYdXよりかなり弱いですが、にもかかわらずGMXは見事な価格上昇を記録しています。市場は弱気なままですが、GMXの時価総額はまだ約6億ドルで、プロトコルTVLは約500億ドルです。この点では、GMXはdYdXを超える可能性もあるかもしれません。その強い価格は主に、プロジェクトのガバナンストークンであるGMXを強化し、それによってより多くのトレーダーと流動性プロバイダーをそのプラットフォームに引きつける、トークノミクスを可能にした結果です。トークノミクスに関する限り、GMX は dYdX よりも良い仕事をしています。