法定通貨
マーケット
取引
先物
ファイナンス
特別企画
さらに
新規登録ゾーン
ログイン
アカデミー

暗号資産のステーキングとは?

2023-01-16 00:00:00

暗号資産に投資しているとステーキングについてよく耳にすると思います。多くの暗号資産はステーキングを使用して取引を検証し、参加者に保有資産から利益を得る機会を提供しています。

暗号資産のステーキングとは一体何でしょうか?暗号資産のステーキングは取引を認証し、ブロックチェーンネットワークを維持するためにあなたの暗号資産を使用することを伴います。 

これはPoS方式で取引を行う暗号資産で機能します。以前のPoWパラダイムと比較するとよりエネルギー効率の高いオプションです。PoWには数学的問題を解くために計算能力を用いるマイニング装置が必要です。

特定の暗号資産はステーキングに有効な金利を提供するため、ステーキングは暗号資産を使用して受動的な収入を得るための素晴らしい方法かもしれません。暗号のステーキングがどのように行われるかを理解することは、徹底的に始める前に非常に重要です。

ステーキング暗号

ステーキングはどのように機能するのですか?

ブロックチェーンの中には信頼できる参加者を選び、ネットワークに追加される新しいデータブロックを検証するために採用されている技術であるPoS合意メカニズムだけが、ステーキングを可能にしているのです。

バリデータまたは「ステーカー」と呼ばれるネットワーク参加者は特定量のトークンの購入と保管を義務付けられていますが、ネットワークで不正な行動を取ることは望ましくありません。ブロックチェーンにリンクされたネイティブトークンは、犯罪行為によって危険にさらされた場合、おそらく価値を失い、責任者は損をすることになるからです。

バリデータが正直に、そしてネットワークの利益のために行動することを保証するために、ステークは彼らの「Skin in the Game」になります。バリデータは、その献身に対する対価としてローカルコインで報われるのです。彼らの投資が多ければ多いほど、新しいブロックを提案し、利益を得る機会が増えます。結局のところ、賭け金が多ければ多いほど、正直にプレーする傾向があるのです。

一個人のコインが全ステークを構成する必要はありません。多くの場合、バリデーターはステーキングプールを管理し、委任(他人の代わりに行動すること)により複数のトークン保有者からお金を集め、より多くのユーザーがステーキングに参加するための参入障壁を減らしているのです。ステークプールの管理者は、ブロックチェーン上で取引を確認するという手間のかかる作業を行うため、保有者は誰でもコインを渡すことでステーキングプロセスに参加することができます。

バリデーターは長時間のオフラインなどの軽微な違反で罰金を科されることがあり、コンセンサスプロセスからの停止や、制御を維持するためのキャッシュ没収などの処置さえあります。後者は「スラッシング」と呼ばれ珍しいことではありますが、PolkadotやEthereumなど、いくつかのブロックチェーンで発生しています。

各ブロックチェーンは独自のバリデータ・ルールを持っています。例として、Terraネットワークはバリデーターの上限を130人に設定しました。イーサリアムのPoS(旧イーサリアム2.0)プロトコルの各バリデーターは、現在10万ドル以上の価値がある極小の32イーサをステークしなければなりません。

どのようなデジタル資産が投資可能ですか?

すでに説明したようにステークはPoS方式を採用するブロックチェーンに接続された暗号資産でのみ実行可能です。

投資できる暗号資産はEthereum(ETH)が有名です。

  • Cardano(ADA)
  • Solana(SOL)
  • Luna(LUNA)
  • Avalanche(AVAX)
  • Polkadot(DOT)

現在「マイニング」と「ステーキング」の両方ができるため、Ethereumは奇妙な立場にあります。

時価総額で2番目に大きい暗号資産は、PoWブロックチェーン・システムからPoSに切り替えているため、両方の検証手順が同時にアクティブになっているのです。

しかし、最終的にはよりエネルギー効率の高い後者の技術が支配するようになれば、Etherマイニングは完全に廃止されるでしょう。

なぜステーキングは一部の暗号資産にしか存在しないのか?

このあたりからより技術的な話になってきます。例えばBTCはステーキングが禁止されています。その理由を理解するために、少し裏話をします。

分散型、つまり中央集権的な機関が存在しないのが暗号資産の特徴です。では銀行やクレジットカード会社などの中央集権的な機関が解決策を提示することなく、分散型ネットワークにあるすべてのコンピュータが正しい結論に達するにはどうすればよいのでしょうか。答えは「コンセンサスメカニズム」が採用されているということです。

Proof of Workとして知られるコンセンサス技術は、BTCやEthereum1.0を含むいくつかの暗号資産で使用されています。ネットワークは、Proof of Workを利用して、世界の異なる場所にいる他人同士の取引を認証したり、誰も同じ金額を2度使おうとしないことを保証したりといった問題を解決しています。世界中の「マイナー」たちが、プロセスの一部として暗号化された課題を最初に解決することを競います。勝者は暗号資産を獲得し、検証された取引の最新の「ブロック」をブロックチェーンに追加する機会を得ることができます。 

Proof of Workは、ビットコインのような比較的基本的なブロックチェーンにとって拡張性のある手法であり、銀行の台帳のように取引の入出庫を追跡するものです。しかしProof of Workは、Defiの世界全体を含む、ブロックチェーンの上で動作するさまざまなアプリを持つEthereumのような複雑なものに対しては、アクティビティが多すぎるとボトルネックになる可能性があります。その結果取引時間が長くなり、コストが上昇する可能性があります。 

ステーキングを始めるには?

ステーキングを開始するには、まずステーキング可能なデジタル資産を所有する必要があります。すでに購入している場合は、購入に使用した取引所またはアプリケーションから、ステーキングをサポートするアカウントにコインを移動する必要があります。

Coinbase、Binance、Krakenなどのより広範な暗号資産取引所のほとんどは、プラットフォーム上で内部ステーキングオプションを提供しており、資金を簡単に投資することができます。

あなたが利益を最大化するための技術を求めている場合、あなたのデジタル資産のための最も効果的な金利を見つけることに特化したサイトもあります。Overtakeは、このようなStaking-as-a-serviceのシステムの一つです。

注意しなければならないのは、あなたがステーキングプールに移したコインは、あなた自身のものであるということです。ブロックチェーンごとに待機期間(数日または数週間)が異なることがよくありますが、ステークした資産はいつでも引き出すことができます。

またバリデーターとして働き、ステーキングプールを管理することもできます。この場合、効果的な運用を行うためには、より多くの時間、労力、リソースが必要となります。いくつかのブロックチェーンでバリデータとして働き始めるには、まずデリゲートステーキングツールから十分な資金を得る必要があります。

ステーキングを始めるには

ステーキングはどのような利益をもたらしますか?

暗号資産の長期保有者の多くは、保有する暗号資産を財布の中で眠らせたままにせず報酬を生み出すことで活用するためにステーキングを利用しています。

また、ステークはブロックチェーン・プロジェクトの有効性と安全性を高めることで、あなたが支援するブロックチェーン・プロジェクトを支援します。自分のお金の一部をステークすることで、ブロックチェーンのセキュリティや取引処理能力を高めることができます。(プロジェクトによっては、ベッティング参加者に「ガバナンストークン」を配布し、保有者が今後のプロトコル更新に投票できるようにしているものもあります)。

ステーキングのリスクは?

ステークには、暗号資産を移動できないロックアップ期間または「ベスティング」期間が必要な場合があります。これは価格が変化しても、この期間中にステークされたトークンを交換することができないため、デメリットとなる場合があります。ステークする前に、参加を検討しているプロジェクトの個々のステーク基準や規制を熟知しておくことが重要です。

前へ
CoinEx 2022年を振り返る 新スローガン・より良い製品・より使いやすいサービス
次へ
CoinEx先物取引量ランキングまもなく CoinEx5周年記念イベントに参加して賞金総額50,000USDTをシェアしよう