法定通貨
マーケット
取引
先物
ファイナンス
特別企画
さらに
新規登録ゾーン
ログイン
アカデミー

CoinExアカデミー | メタバース銘柄とは?

2023-04-15 03:00:00

メタバースとは、仮想空間上に作成されたデジタルな世界であり、仮想現実技術やブロックチェーン技術の進化により、現実世界とは異なる新しい経済圏が形成されています。

このメタバースの成長に伴い、多くの企業がメタバース関連のビジネスを展開しており、それに伴いメタバース関連の銘柄も注目を浴びています。

本記事では、暗号資産におけるメタバース銘柄について解説し、その投資のチャンスについて考察します。

メタバースとは何か

メタバースとは、仮想空間や暗号資産を活用して、人々が仮想の世界での活動を行う新しい経済や社会が展開される世界のことを指します。

コンピューターグラフィックスやバーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)などの技術を用いて作成され、ユーザーが仮想的な空間を体験することができます。

メタバースでは、現実世界とは異なる仮想の世界での様々な活動が可能であり、ゲームやアート、エンターテインメント、ビジネスなど幅広い分野での活用が期待されています。

ユーザーは仮想的なアバターを作成し、仮想空間内で自由に移動し、他のユーザーとコミュニケーションを取り合うことができます。

ブロックチェーンゲームとの関係性も深く、ユーザーは仮想空間内での活動や経済活動を通じて、暗号資産を獲得したり、NFTを所有したりすることができます。

メタバース銘柄の将来性

メタバースは、人々が現実世界とは異なる自由な世界を体験できる場であり、人々が自分自身を表現し、交流し、ビジネスを展開することができる場でもあります。これにより、社会や経済のあり方が大きく変わる可能性があります。

2021年にはFacebookがメタバースに注力することを発表し、社名を「Meta」に変更するなど、大企業もメタバースの将来性について注目しています。今後も様々な大企業がメタバースに参入し、技術が発展していくことが予想されます。

メタバース銘柄を選ぶポイント

メタバース銘柄は既に多く存在し、どの銘柄を選ぶべきか迷うこともあるでしょう。ここでは、メタバース銘柄を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

1. メタバースへの取り組みと技術

メタバース銘柄を選ぶ際には、プロジェクトがメタバースに対して本質的な取り組みをしているかを確認することが重要です。

企業がメタバースにどのような技術やプラットフォームを提供しているのか、それが実際にメタバースの発展に寄与しているのかを見極めましょう。メタバースを支えるための高い技術を保持しているプロジェクトが、将来的に成長し続ける可能性が高いでしょう。

2. プロジェクトの資金力や競争力

メタバース市場は競争が激しく、急速な変化が予想されます。メタバース銘柄を選ぶ際には、プロジェクトの資金力や競争力を分析することが必要です。メタバースは新興市場であり、大規模な投資が必要な場合があります。企業が自社の技術やプロダクトを開発・拡大するために、十分な資金を保有しているかどうかを確認し、資金調達の必要性やリスクを考慮しましょう。

また、企業の競争力も重要な要素です。企業が競争に勝ち抜くために、どのような競争戦略を持っているのか、独自の技術やプロダクトを持っているのかを分析しましょう。

3. プロジェクトの実績やパートナーシップ

プロジェクトの実績やパートナーシップもメタバース銘柄を選ぶ際の重要なポイントです。企業がこれまでにどのような実績を持っているのか、どのようなパートナーシップを結んでいるのかを確認しましょう。

過去の実績やパートナーシップは、プロジェクトの信頼性や市場での地位を示しています。また、他の優れたプロジェクトとの連携によって、新たなビジネスチャンスや競争力を高めることができるため、パートナーシップ戦略は重要な評価ポイントです。

暗号資産における主なメタバース銘柄

以下に、暗号資産市場において主要なメタバース銘柄の一部を紹介します。

1. Decentraland (MANA)

Decentralandとは、仮想世界を作成したり取引することができるプラットフォームであり、MANAトークンを使用して経済活動が行われています。Decentralandは、仮想の土地の所有権を持ち、仮想の不動産を購入・売却・開発することができるプラットフォームとして人気があります。

2. The Sandbox (SAND)

The Sandboxは、ユーザーが自分自身の3Dの仮想世界を作成したり体験することができるプラットフォームであり、SANDトークンを使用して経済活動が行われています。ユーザーはメタバース上で利用できるアイテムや、「LAND」と呼ばれる土地をNFTマーケットプレイス上で売買できます。The Sandboxは、ユーザーが独自のゲームやアプリケーションを作成し、収益を得ることができるエコシステムを提供しています。

3. Bloktopia (BLOK)

Bloktopiaとは、21階建ての高層ビルを舞台にしたメタバースプラットフォームプロジェクトです。大手プロジェクトや取引所もBloktopiaのメタバース上にテナントを構えるなど、トークン上場時から非常に注目を集めました。不動産や広告収入など、現実世界のような経済活動を行えるようになることが特徴です。

4. XANA(XETA)

XANAは多国籍IT企業であるNOBORDER.zが開発するメタバースプロジェクトです。

AIとメタバースを組み合わせ、主要機関や地方自治体、グローバルブランドで幅広く採用されています。日本との関係においてもULTRAMANや鉄腕アトムなど有名IPとコラボしたり、有名人や鳥取県などの自治体とコラボレーションしています。 

メタバース銘柄についてのまとめ

メタバースは今後もNFTやAI技術と組み合わせ、ゲームやアート、エンターテインメント、ビジネスや教育などなど幅広い分野での活用が見込めます。ただしメタバースプロジェクトは既に多く出てきており、競争も激しいため、メタバース銘柄に投資をする際にはじっくりと選定することが必要です。メタバース銘柄を選ぶポイントを押さえ、技術や実績を調べたうえで実行するようにしましょう。

なお、CoinExにおいても本記事でご紹介したDecentraland (MANA)やThe Sandbox (SAND)、Bloktopia (BLOK)やXANA(XETA)などのメタバース銘柄を多く上場しており、取引することが可能です。

コインエックス


前へ
CoinExアカデミー | デジタルアートとNFTによる芸術市場の変革
次へ
Shapellaアップグレードに伴う暗号市場の変化について