法定通貨
マーケット
取引
先物
ファイナンス
特別企画
さらに
新規登録ゾーン
ログイン
アカデミー

CoinExアカデミー | ローソク足とは何か?

2023-02-06 01:00:00

ローソク足とは何ですか?

ローソク足とは、金融市場のテクニカル分析で使用される価格チャートの一種で、一定期間の値動きを示すものです。ローソク足は何百年も前に日本の米商人やトレーダーが市場価格や日々の勢いを追うために考案したもので、その後普及し、現在では金融市場の動向を表し読み取るために使用されています。ローソク足のグラフは、指定された期間の高値、安値、始値、終値を図示しています。ローソク足は、トレーダーが価格の動向を読むために使用されます。ローソク足には、分足、時間足、日足、週足、月足、年足があり、その期間の高値、安値、始値、終値が描かれています。

ローソク足の芯には、分・時・日・週・月・年の高値・安値と、その期間の始値・終値との比較が表示されます。ローソク足の形は、時間枠の高値、安値、始値、終値の関係で変化します。ローソク足チャートには、トレーダーが値動きを読み取り、分析し、予測するために必要な重要なデータがすべて表示されています。ローソク足チャートは、強気と弱気の動きのパターンで市場のセンチメントを測定するために使用されます。これらのパターンは、トレーダーに市場に関する様々な情報を与え、トレーダーはこの情報を分析し、短期または長期の市場動向を予測することができます。

ローソク足の構成要素

 1.ヒゲ線

ローソク足の重要な構成要素で、shadowとも呼ばれます。その目的は一定期間の価格の極限を表示することです。ヒゲ線は本体よりも薄く、トレーダーが極端な価格の発生場所や価格の方向性を示す指標として使用されます。

2. 始値

ローソク足では始値とは、特定の時間枠で最初に表示される価格のことです。現在、ローソク足には、分足(1分、5分、15分)、時間足、日足、週足、月足、さらに年足がある。株式、FX、暗号資産の価格が上昇トレンドにある場合、緑のローソク足が開くと、底値付近で建値が見つかったことを示し、一方、上値付近で開いた赤いローソクは、価格が下降トレンドにあることを示します。緑色のローソクの代わりに白色のローソク、赤色のローソクの代わりに黒色のローソクを使用することもあります。ほとんどの暗号資産取引プラットフォームは、緑と赤のローソク足の使用を好んでいますが、一部の株式や森林取引プラットフォームでは、まだ白と黒のローソク足が使用されています。始値は、ローソク足の重要な構成要素です。

3. 終値

ローソク足では終値は、単に特定の時間枠のために表示する最後の価格です。これは、次のローソク足が形成される前に取引されるローソク足の本体における最後の価格です。これはすべて時間枠によって異なり、分ごと(1分、5分、15分)、1時間ごと、毎日、毎週、毎月、さらに毎年となります。芯は始値と終値の時間枠の間の価格帯を表します。ローソク足では、終値は芯の上端(緑または白のローソク足)または下端(赤または黒のローソク足)で示されます。終値はローソク足の重要な構成要素です。

4. 高値

ローソク足では高値はヒゲの上部に位置し、その時間帯で最も高い価格を表します。上ヒゲがない場合は、終値または始値が取引された最高値であることを意味します。ヒゲはshadowとも呼ばれます。

5. 安値

ローソク足では、安値は芯の下のヒゲの底に位置します。始値や終値が最安値の場合、下部の芯やひげはありません。